ロボロフスキーーの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

仕草などを見てその可愛さに癒やされるなんて声が続出しているのが、ロボロフスキーハムスターです。最小のハムスターの通り名どおり、サイズが小さくて愛おしさも倍増。

ロボロフスキーハムスターの飼育方法や値段や餌、性格などの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

ロボロフスキーハムスターの特徴

ロボロフスキーハムスターは非常にサイズが小さく、数ある品種のハムスターの中でも最小と言われています。このため性格は臆病で警戒心が強いという特徴を持っています。

手乗りをさせて一緒に遊びたいという飼い方には向いていないハムスターですが、だからといって噛み付くなんて勇気もありません。しかし無理に手乗りをさせると病気の元になりますから、止めておきましょう。

小さなハムスターの表情や活動の変化などを鑑賞して楽しみたいという方に打って付けの品種と言えるでしょう。価格に関しては2,000円前後と安価です。

ロボロフスキーハムスターの飼育の注意点

飼育方法としては、前述した臆病という性格であるため、無理に手懐けようとスキンシップを取らないことです。ストレスを与えると病気になります。

仕草などを眺めて楽しむのがおすすめですね。縄張り意識がそこまで高くないので複数を同じケージ内で飼育することができますが、あくまでも相性次第です。

悪ければ同様にストレスになりますから観察を怠らないようにすべきでしょう。基本的に風通しが良い場所であり、騒音や振動などが少ないところで飼育しましょう。

こちらもすべては臆病な性格に対しての配慮になりますから、あまりマメではない方には向かない品種かもしれませんね。

スタンダードなハムスター飼育アイテムを揃えれば十分に飼育できますし、餌に関してもハムスター用ペレットを与えていれば十分で手間はそこまでかからないでしょう。

モルモットとハムスターは何が違うの?魅力を教えて

賃貸住宅でも十分に飼育出来る可能性が高いペットといえば、小動物。中でも人気なものといえば、モルモットとハムスターではないでしょうか。同じようなペットですが、両者の違いが分からないという方も少なくありませんね。

モルモットとハムスターの飼育の違いなど。一体両者の何がどう違っているのでしょう。

サイズが全く違っているので注意

ハムスターとモルモット。小動物として一緒くたにされがちですが、まず大きな違いとしてサイズがあげられます。ハムスターは大きくて22センチ程度。大抵の場合は片手で収まり、体重も最大で200g前後になります。

しかしモルモットは小動物とはいえ、デカイものだと30センチ以上にもなり、体重も2kgを超えるものもありますから、非常に違います。結果として餌の量が異なり、経済的負担もモルモットが上になるわけです。

雑食か草食なのか

次に餌の違いも大きな違いの一つです。ハムスターは雑食であることに対して、モルモットは草食のため、決められた植物や果物といったものしか受け付けません。

コストや与えてはいけない注意点などから、手軽さでいえばハムスターの飼育の方が楽であると言えるでしょう。

寿命が違っている

次に寿命です。ハムスターは個体差はあるものの2年から長くて3年です。逆にモルモットの場合には10年近く生きるという違いがあります。

ペットロスに陥りたくないという方にとっては、モルモットの方がおすすめと言えますが、長年面倒を見るのが微妙という方にはハムスターがおすすめですね。

活動量が違うため楽しさが違う

最後に活動量です。ハムスターは夜行性ではあるものの、運動が大好きでジャンガリアンなどは10キロや20キロなど1日に動き回る習性があります。

このため一緒に遊ぶことができたり、見ていて飽きないですがモルモットは運動が苦手。基本的には動かずじっとしているため、基本的に動きが少なく飽きる可能性も高いと言えるでしょう。

ジャンガリアンハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ずんぐりした体型ともこもことした触感で大人気のハムスター品種であるジャンガリアンハムスター。ハムスターの飼育のポイントは品種などによって若干の違いがあります。

ジャンガリアンハムスターの特徴とはどういったものなのか。また気になる値段や注意点とは?

ジャンガリアンハムスターの特徴は?

ジャンガリアンハムスターの特徴としては、もこもことしてずんぐりとした愛らしいフォルムが人気です。頬に袋をもっていて、餌を溜め込んで巣に持ち帰る姿などは、犬や猫では見られない可愛さでしょう。

メスよりもオスの方がサイズが大きくなりますが、7センチから12センチと非常にミニマム。体重も45g程度までにしか成長しません。

カラーバリエーションも豊富でノーマルな白ベースにグレーといったものからサファイア、プディング、パイド、パールといったものが挙げられます。

寿命に関しては約2年と言われています。購入価格に関しては1,000円前後とかなり安価な価格になっているので嬉しいですね。

ジャンガリアンハムスターの飼育のポイントは?

ハムスターはジャンガリアンのみならず夜行性ですから、人間の活動時間に合わせ昼間に寝ている時に無理やり起こして餌を与えるなどは避けたいところ。

ストレスを感じたり警戒すると、キーキーと鳴いたり、ヒドイ場合にはギーギーと甲高い声を上げてアピールするので、対処をするようにしましょう。

活動量が多いハムスターという特徴があり、1日に7時間から13時間程度歩行をしてその距離は10キロから20キロにも及ぶと言われています。

ですから回し車などを用意して習性を満たしてあげ、ストレスを溜めさせないことが重要ですね。

餌に関してはペレットがいいですが、穀類や種子類をあげると喜んでくれるでしょう。ただし高脂肪のため肝臓を悪くしてしまう恐れがあるので、あまり頻度多く与えないことが重要ですね。

サファイアブルーハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育を趣味にしている方も多くなっていますが、品種もさまざまに存在しています。その中でも人気が高いのがサファイアブルーハムスター。

初心者の方のためにどのような特徴があるハムスターなのか。また飼育方法についてどのようなポイントに注意すればいいのでしょう。

サファイアブルーハムスターの特徴は

サファイアブルーハムスターは、小さなサイズのハムスターとして人気が高いジャンガリアンハムスターを品種改良して生まれたハムスターの種類になります。

7センチから10センチ前後の大きさにしかなりませんから、片手の中にすっぽりと収まってしまうサイズ感であり、愛らしさも倍増といった容姿をしています。

基本的に品種改良をしたわけですから、ジャンガリアンの持つ人懐っこさなどの特徴とさほど変らないものを持っているのです。寿命は2年から2年半程度で価格は1,000円前後になります。

サファイアブルーハムスターの飼育のポイント

サファイアブルーハムスターの飼育のポイントですが、他のハムスター同様で夜行性で雑食であるということを前提に覚えておきましょう。

野生の場合、植物の種や茎といったものや昆虫を食べて生活をしています。しかしペットとして飼育をするのであれば、専用の餌が販売されていますから、健康のためにもそちらをチョイスするのがおすすめです。

最大の特徴ともいえるのが、サファイアブルーハムスターはトイレを覚えられるほどに頭が良いということです。このためトイレの場所などをケージ内で用意し、こまめに清掃をしてあげることが注意点になります。

住居として準備するものも他のハムスター同様でケージと巣箱、床材と餌入れ、給水器と回し車といったアイテムがあれば十分です。

トイレの場所を用意し砂を入れることも忘れずに行いましょう。

ゴールデンハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育と言っても、どのようなハムスターを飼育するのかによって方法などは違ってきます。中でもメジャーなゴールデンハムスターの特徴にはどのようなものがあるのか。また値段や飼育のポイントなどを解明していきましょう。

ゴールデンハムスターの特徴

ハムスターの中でももっともスタンダードな種類といえば、ゴールデンハムスターというくらいにメジャーなものです。白い毛をベースに茶色やこげ茶色の体毛がまだらに映えているという見た目。

中には品種改良をされていて、毛色が珍しいものや毛の長さが長い種類も増えている状況です。オスよりもメスの方がちょっとですが大きくなる特徴があり、平均寿命は2年から3年になります。

性格としては非常に温和でおっとりとしており、人懐っこいというものですからペットとして飼育するには最適ですね。表情がコロコロと変わって見ていて飽きない愛らしいタイプ。

飼育の方法や性格によっては手乗りになってくれることもあります。他の品種と比較しても身体のサイズが一回り大きめなので、初心者でも何かしらの異変があったら発見しやすく扱いやすいです。

一般的なペットショップや小型ペット専門のショップなどで販売されており値段に関しては1,000円から2,000円というのが相場になります。前述した毛足が長かったりといったハイブリッドなものになっても2,000円から4,000円。

購入時の経済コストはあまりかからないお手頃価格と言えるでしょう。

ゴールデンハムスターの飼育の注意点は

ハムスターはゴールデンハムスターのみならず、基本的に夜行性です。飼育のポイントとしては、ハムスターが起きている時間にかまってあげるというのが基本。

食事の時間は毎日同じように規則正しくするようにしましょう。人懐こい性格であるため、噛み付くことはほぼありませんが、多大なストレスや恐怖心を与えてしまうと稀に噛まれることもあります。

室内温度と餌の時間の規則正しさに注意をし、縄張り意識が高いため複数を同じケージ内に入れるということはせず、1匹ずつ飼育することがポイントです。

キャンベルハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育を趣味にしようとしている方の中で人気が高まっているのがキャンベルハムスターです。豊富な種類があり品種改良もされて新しい品種が生まれている中、どの品種がおすすめなのかを初心者であれば知りたいところですね。

キャンベルハムスターの特徴にはどのようなものがあるのか。キャンベルハムスターの飼育ポイントや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャンベルハムスターの特徴

キャンベルハムスターの最大の特徴は、その毛色の種類の豊富さと言えるでしょう。茶色とグレーの混色であるノーマルから、体毛は白いものの目が赤いアルビノ。

他にもイエローやフルーフォーン、ブラックといった種類があり、同じキャンベルという品種の中にも、さまざまなタイプがありますから、自分の好みのハムスターを見つけられる可能性が高いです。

小さめのサイズであるものの、ジャンガリアンと比較すると一回り大きめのサイズになり、性格は野性的。獰猛な性格も持ち合わせているため、ある程度ハムスターを知っている中級者以上におすすめの品種になります。

平均寿命に関しては1年半から3年とハムスターの中では長生きの部類に入ります。価格は2,000円から4,000円前後になりお手頃ですね。

キャンベルハムスターの飼育の注意点

他のハムスター同様に夜行性であり、だいたい午後の6時以降に活動をスタートさせます。毎日できるだけ決まった時間に餌を与えることが重要です。

性格的には前述した獰猛さがありますから、手乗りなどを覚えさえ戯れるといったことは難しい品種です。ストレスを与えると激しく鳴き声をあげたり、病気の原因になりますから可愛いからといって頻繁に触れるような飼育の仕方は厳禁ですね。

餌はハムスター用ペレットを用意しておきましょう。