1000匹に一匹? 幻のカニ。黄金ガニ

ズワイガニというと、カニの中では1,2を争うほどのよく見かけるカニの種類だと思います。
そんなカニではありますが、実はズワイガニの種類の中にはとても珍しくて味もすごくいい幻のカニがあるというのはご存知でしょうか?

その名も黄金ガニです。 名前の通り、黄金のように高価で貴重なものであります。

1 そもそもどんな感じのカニ?
黄金ガニというの、ズワイガニのオスと紅ズワイガニのメスが自然に交雑した結果生まれてきたカニであり、その身が黄金のように光り輝いているところから名前が付けられているものであります。
確率的には紅ズワイガニ1,000~2,000匹に1匹とれるかとれないかといわれているほどのカニでその希少性は良くわかると思います。
次の項目に書くように、カニの頂点に立つとも言われているほどの高級カニです。

2 味の特徴は?
 黄金ガニは、ズワイガニと紅ズワイガニの長所のみを併せ持っているカニです。お父さんであるズワイガニの特徴であるギッシリ詰まった足の身もさることながら
お母さんであるベニズワイガニの特徴である身の甘みをしっかりと受け継いでいるので、身の部分は再考においしいものです。
また、カニミソについてもしっかりといいところを受け継いでいますから、カニみそが好きな人が食べてみるとまた食べてみたいと必ず行ってしまいそうなほど、濃厚な味があります。
つまりどこをとっても黄金という名前にふさわしいくらいおいしいところがいっぱいのカニというわけなのです。

このカニは意外にも多くの人に知られていないものです。
一度すごく高級でなおかつ希少性の高いカニを食べてみたいとなった時には、身入り率の大きいカニを通販などで買ってみるといいでしょう。
ただ、通販でもなかなか見つからないような場合もあるかもしれませんし、値段も一尾1万円以上と超が付くほどの高級ですので手が出しにくいかもしれません。
ですが、味は確かですので一回ためしに食べてみたら確実においしいと思います。