ジャンガリアンハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ずんぐりした体型ともこもことした触感で大人気のハムスター品種であるジャンガリアンハムスター。ハムスターの飼育のポイントは品種などによって若干の違いがあります。

ジャンガリアンハムスターの特徴とはどういったものなのか。また気になる値段や注意点とは?

ジャンガリアンハムスターの特徴は?

ジャンガリアンハムスターの特徴としては、もこもことしてずんぐりとした愛らしいフォルムが人気です。頬に袋をもっていて、餌を溜め込んで巣に持ち帰る姿などは、犬や猫では見られない可愛さでしょう。

メスよりもオスの方がサイズが大きくなりますが、7センチから12センチと非常にミニマム。体重も45g程度までにしか成長しません。

カラーバリエーションも豊富でノーマルな白ベースにグレーといったものからサファイア、プディング、パイド、パールといったものが挙げられます。

寿命に関しては約2年と言われています。購入価格に関しては1,000円前後とかなり安価な価格になっているので嬉しいですね。

ジャンガリアンハムスターの飼育のポイントは?

ハムスターはジャンガリアンのみならず夜行性ですから、人間の活動時間に合わせ昼間に寝ている時に無理やり起こして餌を与えるなどは避けたいところ。

ストレスを感じたり警戒すると、キーキーと鳴いたり、ヒドイ場合にはギーギーと甲高い声を上げてアピールするので、対処をするようにしましょう。

活動量が多いハムスターという特徴があり、1日に7時間から13時間程度歩行をしてその距離は10キロから20キロにも及ぶと言われています。

ですから回し車などを用意して習性を満たしてあげ、ストレスを溜めさせないことが重要ですね。

餌に関してはペレットがいいですが、穀類や種子類をあげると喜んでくれるでしょう。ただし高脂肪のため肝臓を悪くしてしまう恐れがあるので、あまり頻度多く与えないことが重要ですね。