サファイアブルーハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育を趣味にしている方も多くなっていますが、品種もさまざまに存在しています。その中でも人気が高いのがサファイアブルーハムスター。

初心者の方のためにどのような特徴があるハムスターなのか。また飼育方法についてどのようなポイントに注意すればいいのでしょう。

サファイアブルーハムスターの特徴は

サファイアブルーハムスターは、小さなサイズのハムスターとして人気が高いジャンガリアンハムスターを品種改良して生まれたハムスターの種類になります。

7センチから10センチ前後の大きさにしかなりませんから、片手の中にすっぽりと収まってしまうサイズ感であり、愛らしさも倍増といった容姿をしています。

基本的に品種改良をしたわけですから、ジャンガリアンの持つ人懐っこさなどの特徴とさほど変らないものを持っているのです。寿命は2年から2年半程度で価格は1,000円前後になります。

サファイアブルーハムスターの飼育のポイント

サファイアブルーハムスターの飼育のポイントですが、他のハムスター同様で夜行性で雑食であるということを前提に覚えておきましょう。

野生の場合、植物の種や茎といったものや昆虫を食べて生活をしています。しかしペットとして飼育をするのであれば、専用の餌が販売されていますから、健康のためにもそちらをチョイスするのがおすすめです。

最大の特徴ともいえるのが、サファイアブルーハムスターはトイレを覚えられるほどに頭が良いということです。このためトイレの場所などをケージ内で用意し、こまめに清掃をしてあげることが注意点になります。

住居として準備するものも他のハムスター同様でケージと巣箱、床材と餌入れ、給水器と回し車といったアイテムがあれば十分です。

トイレの場所を用意し砂を入れることも忘れずに行いましょう。