ゴールデンハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育と言っても、どのようなハムスターを飼育するのかによって方法などは違ってきます。中でもメジャーなゴールデンハムスターの特徴にはどのようなものがあるのか。また値段や飼育のポイントなどを解明していきましょう。

ゴールデンハムスターの特徴

ハムスターの中でももっともスタンダードな種類といえば、ゴールデンハムスターというくらいにメジャーなものです。白い毛をベースに茶色やこげ茶色の体毛がまだらに映えているという見た目。

中には品種改良をされていて、毛色が珍しいものや毛の長さが長い種類も増えている状況です。オスよりもメスの方がちょっとですが大きくなる特徴があり、平均寿命は2年から3年になります。

性格としては非常に温和でおっとりとしており、人懐っこいというものですからペットとして飼育するには最適ですね。表情がコロコロと変わって見ていて飽きない愛らしいタイプ。

飼育の方法や性格によっては手乗りになってくれることもあります。他の品種と比較しても身体のサイズが一回り大きめなので、初心者でも何かしらの異変があったら発見しやすく扱いやすいです。

一般的なペットショップや小型ペット専門のショップなどで販売されており値段に関しては1,000円から2,000円というのが相場になります。前述した毛足が長かったりといったハイブリッドなものになっても2,000円から4,000円。

購入時の経済コストはあまりかからないお手頃価格と言えるでしょう。

ゴールデンハムスターの飼育の注意点は

ハムスターはゴールデンハムスターのみならず、基本的に夜行性です。飼育のポイントとしては、ハムスターが起きている時間にかまってあげるというのが基本。

食事の時間は毎日同じように規則正しくするようにしましょう。人懐こい性格であるため、噛み付くことはほぼありませんが、多大なストレスや恐怖心を与えてしまうと稀に噛まれることもあります。

室内温度と餌の時間の規則正しさに注意をし、縄張り意識が高いため複数を同じケージ内に入れるということはせず、1匹ずつ飼育することがポイントです。