キャンベルハムスターの飼育方法は?特徴や注意点を知っておこう

ハムスターの飼育を趣味にしようとしている方の中で人気が高まっているのがキャンベルハムスターです。豊富な種類があり品種改良もされて新しい品種が生まれている中、どの品種がおすすめなのかを初心者であれば知りたいところですね。

キャンベルハムスターの特徴にはどのようなものがあるのか。キャンベルハムスターの飼育ポイントや注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャンベルハムスターの特徴

キャンベルハムスターの最大の特徴は、その毛色の種類の豊富さと言えるでしょう。茶色とグレーの混色であるノーマルから、体毛は白いものの目が赤いアルビノ。

他にもイエローやフルーフォーン、ブラックといった種類があり、同じキャンベルという品種の中にも、さまざまなタイプがありますから、自分の好みのハムスターを見つけられる可能性が高いです。

小さめのサイズであるものの、ジャンガリアンと比較すると一回り大きめのサイズになり、性格は野性的。獰猛な性格も持ち合わせているため、ある程度ハムスターを知っている中級者以上におすすめの品種になります。

平均寿命に関しては1年半から3年とハムスターの中では長生きの部類に入ります。価格は2,000円から4,000円前後になりお手頃ですね。

キャンベルハムスターの飼育の注意点

他のハムスター同様に夜行性であり、だいたい午後の6時以降に活動をスタートさせます。毎日できるだけ決まった時間に餌を与えることが重要です。

性格的には前述した獰猛さがありますから、手乗りなどを覚えさえ戯れるといったことは難しい品種です。ストレスを与えると激しく鳴き声をあげたり、病気の原因になりますから可愛いからといって頻繁に触れるような飼育の仕方は厳禁ですね。

餌はハムスター用ペレットを用意しておきましょう。